私の父親の変わった教育法

幼児教育は家庭で行うのが一番なのか。

私の父親の変わった教育法 就学前の幼児教育は家で行うのが望ましいと考えられている家庭は多いです。一昔前はそれが当たり前で、父が働きに出て、母は家事と育児をする以外は考えられていなかったのでしょう。今は共働き世帯が多く、小学校に入る前から幼稚園や保育園に通わせるのが当たり前となっています。

三つ子の魂百までと言うように、実は就学前の幼児発達は目を見張るものがあります。大人が想像しているよりも、その頃の子供の成長は脳も身体も感覚もすべて大人の何十倍ものスピードで発達していきます。その時期に、果たして家庭だけで教育をしていくのが本当に望ましいのでしょうか。家庭によって環境や事情は様々ですが、できることならばなるべく早い時期から子供を外の世界に触れさせてあげるのが良いです。

保育園はその点とても良い成長の助長になります。同年代の子とふれあい、年上や年下の子との交流を深めると、人にやさしく思いやりを持てる子に育ちます。それは家庭内の兄弟関係だけよりもずっと大きな世界になります。また、規律を守れる子になります。物心つく前から集団生活をしていた子は、自然と集団の中での役割や規律を守る大切さを身体で覚えていきます。そして、基本的動作を覚えるのが早いとも言われます。歯磨きの仕方、トイレの仕方、布団のしまい方、洋服の着替え、食事の準備など、同年代の子たちと一緒に覚えていくので、家で覚えるよりも早く済みます。家庭での幼児教育がすべてではありません。子供にとっても外の世界と中の世界があるということは生活にメリハリが出てイキイキと日々を過ごせる助けになります。昔の考えに縛られることなく、なるべく子が小さい頃から外の世界に触れさせてあげましょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2022私の父親の変わった教育法.All rights reserved.