私の父親の変わった教育法

子供の教育資金は学資保険で

私の父親の変わった教育法 子供の教育にはお金がかかります。食費や被服費などの生活費もかかりますが、やはり一番大きいのは塾や学校などのお金です。公立なら小学校までは大したことありませんが、中学生になると部活を始めたりしますし、女の子ならお洒落にも興味を持ち始める年齢ですから、私服にもお金がかかり始めます。部活を始めると、別途ユニフォーム代もかかります。中学から娘さんが吹奏楽を始めた友人は、楽器にお金がかかったと言っていました。中学生では本人にアルバイトをさせるわけにもいきませんので、親がすべて工面しなければなりません。野球部に入ればバッドやグローブも必要になってくるでしょう。

私には子供がいませんので、お子さんがいる同年代の人よりは経済的に余裕があると思います。子供がいることでもらえる手当てもない代わりに教育費が一切かからないのですから、自分のためにお金を使うことができます。子供がいる友人は、大抵学資保険に入っていて、子供手当てや子供がもらったお年玉はすべて貯金していると言っています。それとは別に毎月積み立てをしているという人もいます。たとえ国公立であっても高校からはこれまでとは比べものにならないほど教育費がかかりますので、ご自分で積み立てする自信のない人は、是非学資保険に加入されることをお勧めします。子供が生まれてすぐに加入すれば、大学入学時に500万円くらい貯まる計算です。それだけあれば私立であってもひとまず入学時のお金は足りるでしょう。

 比べてお得!

Copyright (C)2022私の父親の変わった教育法.All rights reserved.