私の父親の変わった教育法

親になったら子供には人並みの教育を

私の父親の変わった教育法 子供の教育水準が親の経済力に影響されることは間違いありません。裕福でいくらでも教育にお金を使える家庭なら、少々出来が悪くても医者になれると聞きます。裏口入学とまでは言いませんが、学費が異常に高く、それに加えて親が多額の寄付をすれば実質試験に関係なく入学できるような学校があるそうです。もちろん最終的に医師の国家試験には合格しなければなりませんが、それに向けた環境は整っていることになります。一方でどう頑張っても医学部の学費は払えない家庭に生まれた子供が医師になりたいと言っても、奨学金を受けられるだけの学力がなければ諦めなければなりません。医師というのは極端な例ですが、教育全般にこのような問題は根付いています。

私は別に学歴がすべてだとは思いませんし、学費の高い学校に行くことが幸せだとも思いませんが、もしも自分に子供がいたら、人並みの教育は受けさせてあげたいと思います。同級生の大半が塾へ通っていて、本人も通いたいと言えば、通わせてあげたいと思います。本人が行きたくないと言えば無理に行かせようとは思いません。本当は行きたいのに、親の懐具合を心配して行きたくないと言わせるような環境は作りたくないと思います。人並みの教育を受けさせるのも困難という家庭は少ないと思います。低所得なら仕事を増やせば良いと思います。ダブルワークだってできるはずです。無駄を省くこともできます。母子家庭は手当てもあります。親になるならそれくらいの覚悟は必要だと思います。

 比べてお得!

Copyright (C)2022私の父親の変わった教育法.All rights reserved.